2017年度 第2回久敬会ミニ講演会のご報告

2018年04月23日(月)更新
2017年度 第2回久敬会ミニ講演会のご報告

演題:「関西を浮上させるM&A戦略」

~経営を語る上で欠かせないM&Aを眺めてみよう~
 
  • 日時 2017年12月23日 (土)14時~16時
  • 講師 三谷康生(高38回)
    ㈱ジャパンM&Aアドバイザー代表取締役)
    同志社大学大学院ビジネス研究科嘱託教員
  • 参加者 35名

 
 銀行や銀行系証券会社勤務の経験を基に、M&Aアドバイザー業務並びにマネジメント業務に従事している三谷氏のご講演は、始まりから元気いっぱいで活気のある2時間となった。
 2007年生まれの平均寿命は107才となる。我々の世代の半分が100才まで生きる。100才まで生きなくてはいけないので、その経済力が必要。等々『100年人生』についての話から、子どもたちの世代は、自分たちだけではなく私たちを支えなくてはいけなくなると、次世代への意識改革を促された。
 また、F:Facebook, A:Apple, N:NETFLIX, G:Google 出来て10年以内の企業の説明があり、たった10年に大きく変わる時代に生きていることも改めて認識させられた。

安田智枝 記


 
【内容】 講義内容をPDFで見る (3.51MB)

ホームページ管理