監督・脚本が久敬会員の映画紹介

2018年05月14日(月)更新

監督・脚本が久敬会員の映画紹介

 監督・脚本が久敬会員の映画
「返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す」の紹介

6月30日から全国の単館劇場で公開されます  

 「返還交渉人 いつか、沖縄を取り戻す」は、2017年8月12日にNHKのBSで放送されたドラマを再編集して、100分の映画版として上映するもので、6月30日から東京ポレポレ東中野、7月7日から沖縄桜坂劇場他、順次全国の単館劇場で公開されます(大阪での公開時期は今のところ未定)
 
 監督はNHKのディレクターの柳川強(高35回)氏、脚本は西岡琢也(高27回)氏で、久敬会員が監督と脚本家としてコンビを組んで映画作品を作り上げるのは、おそらく初めてのことでしょうから、久敬会員の皆様にお知らせいたします。
 
 映画は米軍の「理不尽な占領」と闘い続けた実在の外交官である、千葉一夫の知られざる真実の物語を描きます。千葉一夫は対米交渉、対沖縄折衝の両面で大きな役割を担い、「鬼の千葉なくして沖縄返還なし」と称された、伝説の外交官です。

 主人公の千葉一夫を演じるのは井浦新、そしてその妻の惠は戸田菜穂。井浦と戸田は初共演とは思えないほど息が合い、激しい返還交渉に挑んだ男とそれを支える妻が育んだ夫婦愛を熱演しました。尾美としのり、佐野史郎、石橋蓮司、そして先頃惜しまれて亡くなった大杉漣などのベテラン俳優陣が、物語に重厚感とリアリティを付与していますから、見応えのある、骨太の「社会派エンターティメント映画」になっているそうです。
 
機会があれば、是非ご観賞ください。
  ◆http://cinefil.tokyo/_ct/17159255
  (ネット上でリリース発表となっています↑)

配給・宣伝の問い合わせ先は以下のとおり。
太秦株式会社 配給:小林三四郎 宣伝:岩本玲、今村花
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷 5-16-10 代々木エアハイツ 301
 tel:03-5367-6073 fax:03-6903-6970 mail : info@uzumasa-film.com

 
監督 柳川強(高35回)氏プロフィール
 1964 年 4 月生まれ、大阪出身。88 年 NHK 入局、以来ドラマ畑で活躍。 「戦争」「昭和」をキーワードに作るドラマが多い。過去の主な演出作品に、終 戦ドラマ「鬼太郎が見た玉砕~水木しげるの戦争~」(07 年 放送文化基金 賞本賞、ギャラクシー賞優秀賞、文化庁芸術祭テレビドラマ部門優秀賞)、 「最後の戦犯」(08 年 芸術選奨文部科学大臣新人賞)、「気骨の判決」(09)、 「鉄の骨」「セカンドバージン」(10)、「下流の宴」(11)、「負けて、勝つ~戦後 を創った男・吉田茂」(⒓)、朝の連続 TV 小説「花子とアン」(14)、「コントレー ル~罪と恋~」「百合子さんの絵本~陸軍武官小野寺夫婦の戦争~」(16)、 「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」(18)など。本作が初映画作品となる。
 
 脚本 西岡琢也(高27回)氏プロフィール
 1956年5月生まれ。京都府出身。フリーの助監督を経て、79年脚本家デビュー。映画脚本作品に 『ガキ帝国』(81/井筒和幸)、『TATTOO<刺青>あり』(82/高橋伴明)、『ションベン・ライダー』 (83/相米慎二)、『犬死せしもの』(86/井筒和幸)、『金田一少年の事件簿』(96/西尾大介)、 『火垂るの墓』(08/日向寺太郎)、『秋深き』(08/池田敏春)、『沈まぬ太陽』(09/若松節朗)、 『太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-』(11/平山秀幸)、『はやぶさ 遥かなる帰還』(12/瀧 本智行)。『秋深き』『沈まぬ太陽』でおおさかシネマフェスティバル脚本賞を 2 年連続受賞。テレビ ドラマでは「京都迷宮案内シリーズ」「鬼太郎が見た玉砕~水木しげるの戦争~」(07/NHK)など。 大阪芸術大学映像学科教授も務める。

 

ホームページ管理