• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 9
  • 7
  • 8
※久敬会員による広告を始めました。詳しくは「広告募集のご案内・申込」をご覧ください。

トピックス

高39回 卒業30周年記念 学年同窓会のご案内 2017/05/09更新
高39回 卒業30周年記念 学年同窓会のご案内
東京久敬会 第13回総会のご案内 2017/04/13更新
東京久敬会 第13回総会のご案内
第4回久敬会ミニ講演会の報告 2017/03/27更新
第4回久敬会ミニ講演会の報告
第3回 久敬会ミニ講演会の報告 2017/03/27更新
第3回 久敬会ミニ講演会の報告
桑田義備(中2回)氏の文化勲章受章記念色紙 2017/03/02更新
桑田義備(中2回)氏の文化勲章受章記念色紙
第2回 久敬会ミニ講演会の報告 2017/02/08更新
第2回 久敬会ミニ講演会の報告

新着情報

 
読売新聞「シリーズ人間国宝」に三島元太郎氏が登場
~2017年5月24日(水)読売新聞朝刊~

 読売新聞の「シリーズ人間国宝」で、三島元太郎氏(高6)が取り上げられました。三島氏は現役の能楽太鼓方では、ただ一人の人間国宝。
 三島氏が背筋を伸ばして太鼓を打つ写真が掲載された記事は、「太鼓はたたくと言わず、打つと言いたい。たたくと言うと、表面的な音に聞こえる」という三島氏の言葉の紹介から始まります。

 
 
 記事は三島氏の生い立ち、戦争中の苦労、そして終戦後の「能楽三役養成会」の1期生として、修行に励んだ頃の三島氏の思い出が紹介され、最後に「裾野を広げ、若い後継者を育てることが私の使命だと自覚しています」という、三島氏の言葉で締め括られます。

 
 なお、三島氏は『茨高120年誌』の「私の中に生きている茨中・茨高」に「能への誘い」と題したご寄稿で、茨高時代の思い出と能へ寄せる熱い思いを綴られています。
 

「久敬会館利用規程」一部改正のお知らせ。
 

平成29年5月13日の久敬会理事会で提案され、承認されました。
<現行規定>
 第3条(利用手続き)
  ②申し込みは使用日の3ヶ月前から受け付ける。
<改正後規定>
 第3条(利用手続き)
  ②申し込みは2F会議室は使用日の3ヶ月前から、1F和室は使用日の1ヶ月前から受け付ける。

【改正趣旨】
 2F会議室は学校より久敬会が借用しているため、久敬会の判断で利用できますが、1F和室は学校施設のため、学校が利用せず空いている場合に久敬会が利用させてもらっているものです。1ヶ月前であれば、学校の利用計画もほぼ固まっており、よほどの事がない限り、申込みをお断りする事態にならないと考えられます。

◇久敬会館利用規定の全文は「会館使用案内」に掲載しています。

 「久敬会館利用規定」の全文  ←ココをクリックしてください。

 
 
高39回 卒業30周年記念 学年同窓会のご案内
 
高39回卒業生のみなさまへ


高校を卒業して今年で30年となることを記念し、下記の通り学年同窓会を開催いたします。
楽しい時間を過ごせる同窓会となるよう、幹事一同努力してまいります。
みなさまのご参加を心よりお待ちしております。
 

開催日時 2017年 9月17日(日)13:00 ~ 15:30
開催場所 大阪新阪急ホテル  
住所 : 大阪市北区芝田1-1-35    TEL : 06-6372-5101
URL https://www.hankyu-hotel.com/hotel/osakashh
会費 10,000円 
 
 
クラス 幹事
1組 池上 充、小坂 美樹
2組 安井 健
3組 上村 真仁
4組 古木 二郎
5組 田中 崇
6組 綿谷 公秀
7組 黒須 洋
8組 冨田(松浦) 惠美
9組 松村(重川) 靖子
10組 竹島(香川) 友里
11組 辻 輝也、★土屋 俊平、☆樽井(小山) 美貴子
12組 長岡 雅史、村井 崇

                    ★代表幹事、☆副代表幹事
 

※同窓会の準備は、幹事代行ドットコム株式会社に業務代行を依頼し、
  案内ハガキを発送しております。ご了承ください。

※同窓会専用ホームページも準備しております。開催情報連絡、出欠登録をはじめ、
  掲示板機能もありメンバー間の交流の場としてもご利用いただけます。
  案内ハガキに記載のログインIDにてアクセスしていただき、出欠に関わらず、
  ぜひ近況報告をお願いいたします。

※同窓会終了後に2次会も計画しておりますので奮ってご参加ください。
  (2次会会費は別途必要です。)

※出欠のご連絡は、返信ハガキ又は専用ホームページから、
  8月8日(火)までにお願いいたします。

※案内状が届かないなど不明点がございましたら、下記幹事までご連絡ください。
  土屋E-mail:sptr777r8.ucom.ne.jp
  樽井E-mail:mikimiki68422gmail.com
    上記の「☆」は「@」(半角文字)に変更してご利用下さい。

以上

 
第4回久敬会ミニ講演会の報告(2017.3.29)
 
  • 内容  大宅壮一顕彰碑と富田酒蔵見学
  • 日時  2017年2月11日(土)
  • 案内人 西田善彦(高17回)、高21回虎谷英生(高21回)
  • 参加者 46名
     
酒蔵見学は、当初清鶴酒造さんに25名で実施予定であったが、参加希望者が多く、富田にもう一つある寿酒造さんにも急遽お願いし、結局46名での実施になった。
 
阪急富田駅出口に集合した後、先ずマスコミの帝王として名高い大宅壮一氏の生家跡に建てられた大宅壮一顕彰碑を訪れた。氏は「口コミ」「恐妻」などの造語や「男の顔は履歴書である」という言葉で有名であり、茨木高校創立70周年記念式典では、川端康成氏とともに母校でダブル講演を実施されている。
 
続いて普門寺を訪問、ここはインゲン豆で知られる明の高僧隠元が数年滞在していたことでも知られている。お茶とお菓子もよばれ、美しい庭園を鑑賞させていただいた。
 
最後に、清鶴酒造・寿酒造二手に分かれて酒蔵見学。どちらも伝統の継承と新しい技術の導入の融合に腐心されてことが伝わってきた。見学後の試飲会は大盛り上がり。参加者は、沢山のお土産をいただき満足そうに、また丁寧に説明してもらった案内人に感謝しながら、帰路についた。



 
 
川端康成逝去時の新聞記事の事実
~ 花束は用意されていた ~

 川端康成(中18回)が亡くなった翌日、「以文会友」碑に花束をささげる女子生徒3人の写真と記事が「毎日新聞」(昭和47年4月17日夕刊)に掲載されました。このたび、その時のお一人から、以下のような貴重な回想をいただきました。

 茨木高校の偉大な先輩である川端康成氏が亡くなられた昭和47年4月16日、ノーベル文学賞受賞の記念に建てられた「以文会友」の川端文学碑に在校生が花束をささげる一枚の写真が翌日の「毎日新聞」に掲載されました。


 新聞記事には、「悲しみにつつまれた母校で生徒会が花束を捧げた」と記されています。
 しかし、実際のところは、いつも通りに友人とおしゃべりしながら登校し、茨高の正門にさしかかった時に、花束を用意した新聞社の方に急に呼び止められ、突然のことで何もわからないまま、友人2人と一緒に文学碑に花束を捧げることになりました。

 3人共新聞記事とは違い生徒会ではありませんでしたが、今となっては茨高時代のなつかしい思い出の写真となりました。(高25回 M)
 
久敬会館の開館時間変更のお知らせ
2016年9月1日(木)より久敬会館の開館時間を次の通り、変更致します。
ご確認の上、お間違えのないようにご注意下さい。
ご来館の際には事前にご連絡願います。
 
○ 開 館 : 平日 9時30分~16時
        (12時~12時30分除く

○ 閉 館 : 土日祝・お盆・年末年始
        高校入試期間(3月中旬1週間程度)
 
  • ☆ TEL   072-624-1545
  • ☆ FAX   072-648-7124
  • ☆ メール   kyuukei[アットマーク]skyblue.ocn.ne.jp
       ※上記の[アットマーク]は@(半角文字)に置き換えてご利用下さい。
 

 『會報』の複製を寄贈していただきました

 「久敬会報」70号でお伝えしたように、川端康成研究者の尚絅大学の宮﨑尚子先生は、学校の資料室にはない大正初年の『會報』第33・34・35・37号を古書店で探し出され大学で保管されています。
 宮﨑先生は度々久敬会館や学校の資料室で川端康成在学時の資料を調査されていますが、平成28年11月1・2日、調査のために来校された時に、その複製本をご持参され、寄贈していただきました。
 表紙の字は手書きです。尚絅大学の学生さんの手によるもので、立派な複製本が出来たことを喜んでいます。
 
【120周年記念行事 報告】
 
茨木高校120周年記念行事として、久敬会は平成27年度に次の4つを実施しました。
以下の項目をクリックしていただくと、報告記事と写真をご覧頂けます。
 
【1】記念総会(2015年11月1日)
 
記念総会での平尾氏の講演(全文)
 
【2】記念展示「資料でつづる茨木高校120年のあゆみ」
(学校と共同開催 2015年10月13日~24日)」
【3】プール開放の集い(学校プールを久敬会員に開放 2015年9月6日)
 
【4】久敬会妙見夜行登山(2016年1月30日~31日)
 
これらの行事を直接に担当したのは行事委員会と総会担当期(高16回・26回・36回)の代表者、久敬会事務局です。
行事委員: 辻本昭信、安田智枝、寺本覚、根来悦子、中西雅治、吉田由美子、吉原晶子、
       米川勝利
担当期代表者: (高16回)安田佳典、山中淳子、尾崎雄三、
           (高26回)大塚康央、岩井八郎、岡田篤彦、宮田秀司、
           (高36回)吉田敦子、林 直樹、前山邦昭
事務局: 中村和夫、手丸ゆかり、福間貴子   副会長:生澤栄子
 
2015年度【ミニ講演会の報告】

第1回 演題:「報道の重さと怖さ」
     日時:2015年11月29日(日)
     講師:石高健次(高21回 ジャーナリスト)
 
第2回 演題:「大学の過去・現在・未来―日本とフランスの比較から」
     日時:2016年1月24日(日)
     講師:白鳥義彦(高36回 神戸大学大学院人文学研究科教授)
 
記念展示「資料でつづる茨木高校120年の歩み」
パネルと秘蔵資料200点以上展示されました
 
開催期間は10月13日~10月24日(土)でした。

  第1回 展示風景と茨木高校年表
  第2回 歴史外観(明治・大正・昭和戦前期)
  第3回 歴史外観(昭和戦後期・平成期)
  第4回 思い出の旧校舎
  第5回 伝統ある行事
  第6回 著名な卒業生(高碕達之助と川端康成)
  第7回 著名な卒業生(大宅壮一と米沢富美子)
  第8回 プールと水泳
 

展示の一部を紹介します。  
 
gallery
母校創立120周年記念募金が始まりました!
2013年の久敬会報(第67号)でのお詫びと訂正
『振り込め詐欺』第2弾情報
※こちらは久敬会員による広告です。
翻訳703(ナナマルサン)
おけぴネット
茨木高校歯科医師ユーカリ友の会
久敬会事務局 TEL:072-624-1545
FAX:072-648-7124
E-mail:
住所変更等
開館時間:9時30分~16時(12時~12時30分を除く)
(土・日曜日及び祝日は原則休み、又、お盆休暇、年末年始休暇、それに高校入試日の3月中旬の1週間程度)