久敬会ハイキング報告

2019年11月26日(火)更新
久敬会イベント第1回 ハイキングの報告
岩尾根と紅葉を楽しむ ~宝塚・中山連山ハイキング
  • 日時 2019年11月16日(土)
  • 案内人 岡田敏昭(高38回) 岡田知子(高39回) 参加者29名

 2017年秋に続いて2年ぶり2回目の開催となる岡田ご夫妻のガイドによるハイキングで、今回目指すのは宝塚の中山連山。標高差428m、距離約10㎞の中に、滝・紅葉・岩場登り・縦走路歩きと登山の楽しみを詰め込んだコースです。
 
 朝8時30分、雲一つない秋晴れの空の下、29名の参加者が阪急山本駅を出発。住宅地を抜け、渓流沿いの小径を進んで、最初の目的地の最明寺滝に到着。マイナスイオンを浴びながら岡田知子ガイドによるストレッチで、これからの本格的な山歩きに備えて身体をほぐしました。
 
大聖不動明王山門 最明寺の滝  ロックガーデン登り

 今回の山行の最大のハイライトは前半の「宝塚ロックガーデン」登り。岡田敏昭ガイドから岩場歩きの基本、三点確保の説明を受け、一同慎重に歩を進めました。
 岩場で振り返ると、六甲山・甲山・あべのハルカス・伊丹空港・千里中央と馴染みのポイントがパノラマとなって眼前に広がり、一同感動の声をあげました。
 
同じ方向を振り返る 六甲山がよく見える 空港と大阪のビル群

 そしてお待ちかねの山上でのランチタイム。展望が開けた三日月岩で景色を楽しみながらのお弁当は格別でした。
 食後、アップダウンを繰り返しながら徐々に高度を上げ、コース中の最高地点となる標高478mの中山最高峰に到着。

 今年の紅葉は遅めのようでしたが、所々色づく紅葉を見ながら、中山寺奥の院・中山寺を経由して午後4時過ぎに阪急中山観音寺駅に無事に到着しました。
 
お弁当タイム  紅葉もきれい 中山寺まで無事下山

 道中岡田敏昭ガイドからは、山道の歩き方・ストックの使い方・ツェルト(緊急用の小型簡易テント)を使った風雨の防ぎ方や森林限界を超えた地点でのトイレの仕方等の登山の基本から、草木の話までジョークを交えて楽しく解説していただき、思い出に残る楽しい山行になりました。
 岡田様、参加者の皆様、ありがとうございました。
 
 3人の方が以下のサイトに3ヶ月限定で今回の写真をアップされています。
 こちらもご覧ください。
  https://photos.app.goo.gl/t6mB3VYFjLuUepZm9
  https://photos.app.goo.gl/EiutzrFuV6YrVKg79
  https://photos.app.goo.gl/ma6VoAn359g4oq4VA
ホームページ管理