ミニ講演会Ⅰ(入交享子)報告

2019年12月25日(水)更新
2019年度イベント第2回 ミニ講演会Ⅰの報告
演題:「茨高生とまちづくり~開かれた学校づくり~」
 
  • 日時:2019年12月14日(土)14時~16時
  • 講師:入交享子氏 (茨木高校家庭科教諭) 
  • 参加者:36名

 入交先生は茨木高校に着任されて20年。地域とのつながりを大切にし、様々な活動に取り組まれてきました。授業で生徒たちが自ら考え行動や実践ができるよう、その仕掛けづくりを工夫されてきたことがよく伝わってきました。まちづくりの授業の実践としては、まちづくり移動カフェ「カフェ場」にて「茨高カステラ(πマークの焼印入りのオリジナルカステラ)」をコーヒーと共に提供したり、体育祭のマスコット作りに使われた竹を再利用して竹灯籠を作り、町のイベントに使ったりされているそうです。

 休憩時間に出されたその「茨高カステラ」とコーヒーを味わいながら、後半は茨高生が活躍する映像の鑑賞となりました。なかでもマイプロジェクトアワード2018で文部科学大臣賞に輝いた「よみがえる茨木の寒天~山からとれる海の幸~」のプレゼン映像には、皆さん食い入るように見入っていました。
 パワフルな内容の講演と茨高生の頑張っている映像、美味しい「茨高カステラ」に参加者は元気をいただき、ほんわかと温かい雰囲気を共有できた素敵な2時間となりました。
 
◆当日の資料   PDFでもご覧いただけます。→PDF
ホームページ管理