桑田義備(中2回)氏の文化勲章受章記念色紙

2017年03月02日(木)更新
 文化勲章を受章した久敬会員は2人いる。昭和36年に受章した川端康成(中18)氏のことはよく知られているが、京都大学名誉教授の桑田義備(くわた・よしなり)氏のことはほとんど知られていない。
 『創立90周年記念誌』P42に、桑田義備(中2)氏が染色体を描いた色紙の写真があることをご存知だろうか。


 
 この色紙は久敬会館の金庫に大切に保管されている。
 昭和37年11月3日に「染色体構造の研究」によって、桑田氏が文化勲章を受章された記念に書かれたものである。色紙の裏には「理学博士 桑田義備氏筆 昭和37年11月13日 於大徳寺内 黄梅院」とあるので、受章後、間もない頃に染筆されたことが分かるが、その経緯は、当時の「久敬会報」を調べても記述が見つからないので、残念ながら不明である。
 色紙はいかにも植物細胞学者にふさわしく、染色体が描かれたもの。
 桑田氏は明治15年10月5日生まれ。徳川義親によって設立された徳川生物学研究所の所長を大正7年に務め、その後、京都帝国大学に赴任。その業績は、各国の細胞学の著書、論文に広く引用され、高く評価されていたので、昭和28年に日本学士院賞を受賞し、昭和37年に文化勲章を受章されたのである。
 亡くなられたのは昭和61年8月13日。100歳近い長寿だった。
 桑田氏についての記録はあまり残っていないが、昭和38年2月20日発行の「久敬会報」号外で、杉本傳会長は「新入会の皆さん」と題した挨拶文の中で、文化勲章受章者の桑田氏について、次のように触れている。
《桑田さんは80歳を既に越えておられますが、「未だ研究せねばならないことが残っている」といって今でも毎日研究に明暮しておられます。》
 そして、杉本会長は、桑田氏に続いて文化勲章受章者が久敬会員から出ることを願っている。
 同じ号には何人かが「先輩よりの言葉」を新入会員に寄せているが、桑田氏も「座右銘を贈る」と題して、「私が平素大切にしております三つの言葉をおおくりします」と、次のような「座右の銘」を書かれている(個々の説明は省略)。
《一、 太虚 二、ゆっくり急げ 三、努力》
 昭和50年代には顧問を務められるなど、久敬会との関わりの深かった桑田氏のことが忘れ去られている感のあるのは残念である。
 なお、国立遺伝学研究所(三島市)が、平成28年12月27日の「開運! なんでも鑑定団」に出品した、チャールズ・ダーウインの『種の起源』の初版版がなんと750万円の高額評価だったが、これは桑田氏が若手研究者のために寄贈されたものだという。
 

ホームページ管理

川端康成逝去時の新聞記事の事実  ~ 花束は用意されていた ~

2016年12月27日(火)更新
 川端康成(中18回)が亡くなった翌日、「以文会友」碑に花束をささげる女子生徒3人の写真と記事が「毎日新聞」(昭和47年4月17日夕刊)に掲載されました。このたび、その時のお一人から、以下のような貴重な回想をいただきました。

 茨木高校の偉大な先輩である川端康成氏が亡くなられた昭和47年4月16日、ノーベル文学賞受賞の記念に建てられた「以文会友」の川端文学碑に在校生が花束をささげる一枚の写真が翌日の「毎日新聞」に掲載されました。


 新聞記事には、「悲しみにつつまれた母校で生徒会が花束を捧げた」と記されています。
 しかし、実際のところは、いつも通りに友人とおしゃべりしながら登校し、茨高の正門にさしかかった時に、花束を用意した新聞社の方に急に呼び止められ、突然のことで何もわからないまま、友人2人と一緒に文学碑に花束を捧げることになりました。

 3人共新聞記事とは違い生徒会ではありませんでしたが、今となっては茨高時代のなつかしい思い出の写真となりました。(高25回 FM)
ホームページ管理

『會報』の複製を寄贈していただきました

2016年11月10日(木)更新

 「久敬会報」70号でお伝えしたように、川端康成研究者の尚絅大学の宮﨑尚子先生は、学校の資料室にはない大正初年の『會報』第33・34・35・37号を古書店で探し出され大学で保管されています。
 宮﨑先生は度々久敬会館や学校の資料室で川端康成在学時の資料を調査されていますが、平成28年11月1・2日、調査のために来校された時に、その複製本をご持参され、寄贈していただきました。
 表紙の字は手書きです。尚絅大学の学生さんの手によるもので、立派な複製本が出来たことを喜んでいます。

psfuku

第7回は【著名な卒業生(大宅壮一・米沢富美子)】

2016年10月04日(火)更新

 記念展示「資料でつづる茨木高校120年の歩み」が久敬会館で

 第7回は【著名な卒業生(大宅壮一・米沢富美子)を紹介します

『展示風景』


 

大宅壮一

米沢富美子

psfuku

第6回は【著名な卒業生(高碕達之助・川端康成)】

2016年06月07日(火)更新
記念展示「資料でつづる茨木高校120年の歩み」が久敬会館で

第6回は【著名な卒業生(高碕達之助・川端康成)】を紹介します

1 高碕達之助 2 川端康成
3 高碕と川端
【展示風景】

 

≫ 続きを読む
psfuku

第5回は【伝統ある行事】

2016年03月22日(火)更新
記念展示「資料でつづる茨木高校120年の歩み」
第5回は【伝統ある行事】を紹介します

【展示風景】 【解説パネル】

 

≫ 続きを読む
psfuku

第4回は【思い出の旧校舎】

2016年01月22日(金)更新
記念展示「資料でつづる茨木高校120年の歩み」
第4回は【思い出の旧校舎】を紹介します
 
【展示風景】 【解説パネル】

 

≫ 続きを読む
psfuku

第3回は【歴史概観(昭和戦後期・平成期)】

2015年12月09日(水)更新
記念展示「資料でつづる茨木高校120年の歩み」が久敬会館で
 第3回は【歴史概観(昭和戦後期・平成期)】を紹介します

 
『昭和戦後期』
『平成期』
【展示風景】

 

≫ 続きを読む
psfuku

第2回 歴史外観(明治・大正・昭和戦前期)

2015年11月16日(月)更新
 記念展示「資料でつづる茨木高校120年の歩み」
 2回目は【歴史概観(明治・大正・昭和戦前期)】を紹介します。


【展示風景】
『明治期』
『昭和戦前期・大正期』
 

【解説パネル】
『明治期・歴史概観』
『昭和戦前期・大正期』

psfuku

第1回「展示風景」と「茨木高校120年年表」

2015年11月10日(火)更新
 記念展示「資料でつづる茨木高校120年の歩み」が久敬会館で平成27年10月13日~10月24まで開催されました。
 この記念展示を、久敬会ホームページで、数回のシリーズで紹介します。

 第1回は【展示風景】と【茨木高校年表】を紹介します。

 次の01~14の項目をクリックすると大きな画像をご覧になれます。
 また、スライドショーででもご覧になれます。ゆっくりとご覧ください。
  次回は「歴史概観コーナー」の詳細を紹介する予定です。

展示風景
gallery
psfuku

茨木高校にある“荘川桜二世”

2015年08月04日(火)更新
 
茨木高校にある“荘川桜二世”
 
 茨高には荘川桜二世の木がある。植えられているのは、プール北側に1本、自転車置き場南側に2本、桜通りに面した法面に2本、久敬会館西側入口付近に1本の計6本である。ソメイヨシノよりも少し早く開花する荘川桜は毎年美しい花をつけ、生徒や訪れた卒業生の目を楽しませている。
 この荘川桜は、岐阜県御母衣ダムの湖畔に立つ樹齢450年のエドヒガンの実生である。ダム建設に伴い、湖底に沈む運命にあった、光輪寺と照蓮寺の2本の巨大な桜を、ダムを見下ろす高台へと移植したのが、当時の初代電源開発総裁の高碕達之助(中4)だった。 その縁を大切にするために、平成10年の新校舎竣工を記念して、岩橋昭第19代校長と石高治夫(中32)の尽力によって高碕ゆかりの荘川桜の苗木6本が植えられたのである。石高は、高碕が創業した東洋製罐に高碕から直接声をかけられ勤めた久敬会員である。
 地元の人々に愛されてきた桜を救おうとした、高碕の情熱に深い感銘を受けた、生物科の北村正信教諭が授業で荘川桜の話をすると、大きな反響があったという。
 以下は平成11年発行の「久敬会報」第53号に掲載された、北村正信生物科教諭による文章である。
 高碕達之助の思いと共にこの桜を大切に守り育てたい。
 
「荘川桜」と茨高生
生物科教諭 北村正信 (「久敬会報」第53号)
 平成10年3月、校庭の数カ所に「荘川桜」の苗木が植えられた。荘川桜とは、岐阜県北部の御母衣ダムの水底に沈む運命にあった2本の巨大な老山桜のことである。
 これらの山桜の命を救う決断をしたのが、当時の電源開発総裁で茨木中学4回卒業の高碕達之助であった。この話は現在ではほとんど忘れ去られている。ましてやその「御母衣の桜」の移植に技術的な指導をした、桜博士の異名をとる笹部新太郎なる人物など知る由もない。笹部は、日本文化に多大な貢献をしてきた山桜の保護育成と品種改良に、91年の全生涯と全財産を捧げた人で、水上勉の『櫻守』の竹部は彼をモデルにしている。
 私は、高碕が「御母衣の桜」の移植について笹部に白羽の矢を立てた背景や、高碕の命を尊ぶ情熱に負けた笹部が、樹齢400年の老桜の移植を引き受け決死の覚悟で臨んだところ、奇跡的にも2本とも活着した話などを、私の感動と共に生徒たちに伝える機会を探った。幸いにも今年のソメイヨシノの開花期は長かったので、花の構造観察の時間を設けて、その折に荘川桜の話をした。勿論、高碕と笹部が学生時代に恩師から受けた言葉がその後の人生を決定づけた話や、彼らの子供時代のエピソードなども一緒に話した。
 生徒たちの反響は予想外に大きく、「高碕達之助のような人が先輩であることを聞き、茨高は単に古いだけではなくて誇りがもてた」とか、「このような偉大な人でも、子供の頃は悪戯坊主であったことを知ってホッとした」とか、「ぜひ御母衣ダムを訪れて、荘川桜をこの目で見てみたい」などと感想に書いている。また、実際に家族で見に出かけた生徒もあったほどである。
 このように、桜が縁で高碕氏のほんの一部を紹介しただけであるにもかかわらず、これほどまでに生徒たちの心を揺り動かした「高碕達之助」を、私は後世に伝えていかなくてはならないと痛感した。
 彼は次のような言葉をダム湖畔に刻んでいる。
 「……人の力で救えるものは、なんとかして残してゆきたい。古きものは古きがゆえに尊いのである」
psfuku

「質実剛健」の額

2015年08月03日(月)更新
「質実剛健」の額
 
 
“母校創立120周年を迎えて”、貴重な資料を紹介します!
~ 第3弾 
 
 久敬会館会議室に「質実剛健」の額が飾られている。揮毫者は幣原坦(しではら・たいら)だが、今やその名を知る人はほとんどいないだろう。
 幣原坦は、幣原喜重郎の兄である。久敬会員ではない。

 幣原喜重郎は大正末期から昭和初期にかけて、外務大臣として平和外交を推進し、国際協調路線を唱えたが、軍部から「軟弱外交」と批判を受け、辞任に追い込まれた。幣原喜重郎が表舞台に返り咲くのは、終戦直後の昭和20年。昭和天皇の命を受けて首相に就任し、GHQの占領政策の下で憲法草案の作成に取り組んだ。

 幣原坦は政治家ではなく、東京帝国大学教授、広島高等師範学校長を経て、昭和3年に台北帝国大学総長となった歴史学者。晩年は生まれ故郷の門真市で過ごし、昭和28年6月、84歳で亡くなっている(『門真市史』第六巻による)。

 久敬会館に飾られている、この「質実剛健」の額が、いつ、どのような縁で揮毫されたのかはよく分からない。辻本昭信(高16)が事務局長時代に、この額の表装を新たにする時に、当時の会長であった森脇茂(中36)に聞いたところでは、講堂の一方の側にあった「勤倹力行」の額と対になるように書いてもらった、という。卒業生である森脇茂は、昭和23年4月から昭和53年3月まで母校の茨木高校の国語科教員として勤めている。ただ残念なことに、いつ書いてもらったのか、という肝心な点の話がその時になされていない。

 『創立90周年記念誌』を見ると、昭和10年11月に行われた新校舎落成式の講堂の写真が掲載されているが、辻本が森脇から聞いた、その回想を裏付けるように、そこには向かって左に「勤倹力行」の額しか写っていない。そして同じく『創立90周年記念誌』にある、昭和30年10月に挙行された創立60周年記念式での講堂写真には、対になるように、向かって右に「質実剛健」の額が飾られているのがはっきりと写っている。

 幣原坦が亡くなるのは、先に記したように昭和28年のことだから、この額が揮毫されたのは、昭和10年から昭和28年の間ということになる。もう少し期間を絞るために推測してみると、坦が枢密顧問官を辞したのが昭和22年5月で、その後郷里の門真に帰っているので、この額もその頃に書かれたのかもしれない。
『茨木高校百年史』にも記述がなく、また戦前の「会報」は昭和18年が最後で、「久敬会報」の復刊第1号が刊行される昭和28年まで会報の空白期間があるので、詳細は不明である。
psfuku