2019年度 歯科医師ユーカリ友の会報告

2019年07月23日(火)更新
2019年度 歯科医師ユーカリ友の会報告

 G20という迷惑な(?)日々の最終日であり、本格的な梅雨入りをようやく迎えた2019年6月30日(日)、恒例の総会、講演会、懇親会を行いました。場所は新阪急ホテルです。
 参加者は32名です。講演会は石野良純教授(九州大学農学部教授 高28回)を講師としてお招きしました。
 演題は『クリスパー(CRISPR)〜発見から画期的ゲノム編集技術の誕生まで〜』です。
 昨今マスコミ等で有名な石野教授の講演は難しかったですが、
皆さんが何とかついていけるように配慮して頂けました。感謝です。
 
 今回は、高28回生2名(吉岡先生と私)との写真も併載します。
 再開が本当に嬉しかったです。
 中学も同じの私にとっては本当に嬉しい。それに尽きました。
ホームページ管理

ユーカリ友の会役員名簿

2015年07月22日(水)更新
役  職 氏  名 卒  期
会長 川井 量司 高校17回
顧問 吉川 弥 高校4回
相談役 梅田 忠邦 高校7回
松本 圭右 高校12回
監事 水谷 善博 高校10回
道家 臻 高校15回
副会長 西田 百代 高校13回
細田 健一 高校19回
辻本 研二 高校20回
木村 康裕 高校24回
幹事長 田中 隆雄 高校29回
総務 副幹事長 浅田 朋生 高校38回
幹事 瀧本 公平 高校29回
好田 春樹 高校30回
横畠 啓 高校40回
会計 副幹事長 木谷 恒夫 高校42回
幹事 山崎 まろみ 高校22回
吉岡 宜史朗 高校28回
岡本 圭子 高校51回
渉外 副幹事長 小宮山 章二 高校24回
幹事 阪田 裕司 高校21回
後村 達也 高校22回
学術 副幹事長 山賀 保 高校21回
幹事 岡田 隆夫 高校24回
加藤 穣慈 高校31回
南 貴洋 高校33回
福祉 副幹事長 多田 俊彦 高校28回
幹事 黒田 隆 高校26回
広報 副幹事長 伊吹 悦有 高校28回
幹事 吉山 昌宏 高校28回
祖父江 俊隆 高校39回
療管 副幹事長 喜田 睦子 高校37回
幹事 佐藤 寛子 高校51回
重永 奈緒子 高校51回
 
以下はユーカリ友の会の集いの写真です。

   

   
 
   

 

psfuku

歯科医師ユーカリ友の会 総会のご報告

2014年07月29日(火)更新

 
2014年6月8日(日) 14時半より、阪急32番街関西文化クラブにて 恒例の総会、講演会、懇親会を行いました。参加者は 25名です。 総会は順調に進みましたが、ここ数年の参加者数の減少が懸念され, 開催時期の再考を検討してはどうかなど、転換の時期を想わせる総会となりました。
とは言え,歴史の長い会だけあって、会そのものは賑やかです。 講演会は歯科分野では高名な大阪大学大学院歯学研究科教授である村上伸也先生をお招きし, 『 FGFー2が変える歯周組織再生療法の未来』の演題で講演をして頂きました。 内容は、我々だけでは勿体ない程知的好奇心をかき立ててくれるものでしたが、 懇親会で『歯科は本当に楽しく,その未来は明るい!』と強く訴えて下さった事に 一同強く共鳴しました。
昨今のマスコミの歯科に関する報道は間違ったものが多く, 多額の広告を出せない業界や団体には迷惑でしかない記事が多くなっています。 この記事をご覧になる方へ訴えたいと思います。

28回生  伊吹悦有
psfuku

2013年「歯科医師ユーカリ友の会」の総会・懇親会が開催されました。

2013年06月24日(月)更新

本年の「歯科医師ユーカリ友の会」総会・懇親会は、6月16日(日)14時30分から、昨年と同じとなるホテル阪急インターナショナルで開催されました。参加者は学会と重なったこともあり、例年に比べ少なく、18名であり、来賓者を入れて25名のメンバーでした(今年は高槻担当の年です)。
 
総会終了後、恒例の講演会では、石垣尚一先生(大阪大学歯学部付属病院口腔補綴科)が『MD(顎関節症)をもういちど考えてみるために』をテーマに納得のいく説明を展開されました。一般の皆さまには判りにくいと思いますが、この分野では『科学的に充分な知見を集めている期間』に『偏った考えの流派の主張』が一時的に脚光を浴び、やがては支持を失うのでありますが、それでも完全に否定できるようになるまでに30年を要しました。我々、ユーカリ友の会会員は講演に魅了され、予定を30分近くオーバーしてしまいました。来賓の皆さまには誠に申し訳ありませんでした。
 
次いで、懇親会です。まず、川井会長の挨拶があり、続いて来賓の方々の種々の話を伺った後、高4回吉川先生(元歯科医師ユーカリ友の会会長)の乾杯で楽しい宴が始まりました。新しい校長先生が『純正(高30回)』であることが懇親会を特に盛り上げてくれました。全国の有名校出身者に聞いても当会(歯科医師ユーカリ友の会)ほど、ここまで大きな組織はないようなので、岡﨑校長の誕生には本当に心強いものがあります。
 
『校歌』と『万歳三唱』の時には、もうすっかりほろ酔いのいい気分になっていました。
 
来年は茨木地区が担当

〔 高28回 伊吹悦有 記 〕
psfuku

茨虫会 虫塚が建立されました

2013年05月14日(火)更新
 
茨虫会(昆蟲趣味の会・昆虫研究部の卒業生の集い、会員数127名)では、部の創設75周年を記念して、予て「虫塚」の建立を企画しておりましたが、このほど山口禎校長先生・大友康亘久敬会会長のご尽力もあり、念願の「虫塚」を茨高校庭(正門入って右側・茨木高校創立100周年記念庭園) に建立することが出来ました。平成23年10月15日、両氏のご臨席を頂き、会員21名の出席を得て「虫塚」の除幕式が執り行われました。ご来校の節にはぜひご覧頂きますようお願いします。
「虫塚」は、高校6回の椎原穀氏の設計によるもので、能勢石の形はチョウが羽を休めている様子を連想させる自然石で、黒く彫りこまれた「虫」の文字は、高校2回の藤本重廣氏の揮毫です。また、「虫塚」の下には、古来中国の風習に因み、虫たちの魂の復活を願い「玉蝉」を埋めました。なお「虫塚」には「銘板」を付して建立の経緯を説明しております。
最後に、山口校長・大友久敬会会長をはじめ、建立にご協力を頂いた茨虫会の方々、久敬会会員の方々に厚くお礼を申し上げます。 
 
(高7回 北川喜芳 記)
psfuku

2012年度 歯科医師ユーカリ友の会総会

2013年05月14日(火)更新

 
6月24日(日)、ホテル阪急インターナショナルで恒例の 歯科医師ユーカリ友の会総会を行いました。担当は吹田です。
歯科大学や歯学部の学生から超ベテランの先輩までが一堂に集まり、親交を温めています。私個人は吹田東高校の校医をもう24年もやっていますが、応援医は例年、この会で知り合った先生方にお願いしており、そのおかげで和気あいあいと気楽に検診を行えています。勿論、色んな意味で安心です。
今年の講演会は大阪医科大学教授 植野高章先生の『成長因子BMP-2を応用した歯槽骨再生医療と歯科インプラント治療』です。
 
今回は若い先生が多く、盛り上がりがありました。ますますの皆様のご参加をお待ちしています。
 
(高28回 伊吹悦有〈広報担当〉 記)
psfuku

久敬俳句会

2013年05月14日(火)更新
久敬俳句会が発足して十年が経った。旧制中学、新制高校の卒業生20余名が月一回第四木曜日午後二時から久敬会館に集まり俳句会を開いている。特に指導者はなく、気楽に厳しく研鑽を積んでいる。初めて俳句を作る人から俳歴60年の人が入りまじっている。俳句結社に所属して活躍している人も多い。久敬俳句会誕生のきっかけは、平成13年10月の久敬会総会の挨拶で高校生のときに覚えた俳句を今もやっているという話をした。そのあと小田弘子さん、生澤栄子さんがやってきて俳句の話になり、久敬会で同好会をつのって俳句会をやろうという話になった。
その年の12月27日(木)に第一回の久敬会俳句会を久敬会館を借りて行った。集まったのは塩川滋也(旧中45)鈴木泰平(旧中47)富士稔、谷垣光男、塩川雄三(高2)北川均(高5)佐々木国広、小田弘子(高9)生澤栄子、中角憲子(高17)の10名であっ
た。それから十年間一度も休まずに続いている。私が俳句を始めたきっかけは、高校2年のときに文芸部にはいって詩や小説を書いてガリバン刷りの小冊子をだして楽しんでいたときに文芸部顧問の津本誠一郎先生に俳句をやってみないかと誘われて、先生が所属されていた馬酔木、南風会の門を叩いたのがはじまりで、その後ぼちぼちと「雨月」の大橋櫻坡子、「諷詠」の後藤夜半、「七曜」の橋本多佳子、「天狼」山口誓子に師事し、誓子没後平成6年に俳誌「築港」を創刊主宰している。俳句を六十数年続けてこれたのは津本先生のおかげだと今でも感謝している。
代表世話人は私がやっていて、世話人小田弘子さん、事務局は生澤栄子さんがやっている。これから俳句でもやってみようと考えている人は気楽に言葉をおかけ下さい。ひやかしでも見学でも結構です。
 
十周年記念句集を作りました。その中の一部をご紹介します。
 
『万緑の山鎮め山動かざる』小林喜治(中46回)
『もう傘寿まだまだ傘寿蝉の殻』塩川雄三(高2回)
 
以上(高2回 塩川雄三 記)
 
例会
 ・毎月第4木曜日 ・午後2時締切 ・七句出句(雑詠)
 ・久敬会館2階会議室

吟行会
・年1~2回茨木高校ゆかりの地・人を訪ねる
 
※当日の飛入り参加大歓迎!!
psfuku