高18回「さやか会」の活動ご報告

2020年12月25日(金)更新
 ◆高18回「さやか会」の活動ご報告◆

 「さやか会」は高校18回同期生有志の山登りの会である。平成28年に逝去されたS君が主宰して昭和60年に第一回六甲登山をした。それ以来、4月29日と11月23日の祝日に、岩湧山、妙見山、金剛山、高野山、比叡山など近郊にとどまらず、富士山、大山、大日岳、屋久島、尾瀬などにも記念回には遠征した。
 参加者の子供が幼い頃には子連れで登り、さやかちゃんという名の子が幾人かいたのが会の名前の由来である。
 S君は毎回何度か下見をして周到に準備してくれた。平成28年第63回鴨川ウォークのお膳立てをして、当日参加者を京都四条大橋で見送って、S君はそのまま入院した。病床で「さやか会の後は頼む」と託されたA君が「高齢者を山に連れて行く責任がもてない」と70回まで街歩き、里歩きで続けてくれた。
 節目で引退したA君の後をO君とK君が引き受け「少なくとも75歳までは続ける」と言っている。「80歳まではやろう」という声もある。
 今年の春は、コロナ対策で外出自粛要請が出ていたので中止したが、11月23日に神峰山口バス停→神峰山寺(神峰山の森)いこいの広場(昼食)→摂津峡上の口→白滝→桜公園(下の口)→塚脇バス停→JR高槻駅の行程を歩いてきた。直前にコロナ感染者数急増で参加のドタキャンが相次いだ。幹事だけになっても決行しようと覚悟を決めたがいつもの三分の一程度の参加者があった。
ホームページ管理

高38回3年10組同窓会ご報告

2020年09月16日(水)更新
高38回3年10組同窓会ご報告
 
 毎年恒例のお盆のクラス会ですが、今年度は新型コロナウィルス第2波の真っただ中、大阪府からは5人以上の宴会自粛の要請もあり、やむなく2020年8月14日(金)オンラインにて開催することにしました。
 オンライン用のツールは各種ある中、zoomの有償版を参加メンバーから提供いただけたので、無償版なら40分の時間制限があるところ、時間を気にせずに使うことができました。ゴールデンウィークに一度オンライン飲み会を試行した際はLINEを使いましたが、人数が多くなると画面を一度に表示できなくなるので、今回のzoomは快適に使うことができました。
 オンラインのいいところは本来なら大阪に来られない遠方の方も参加できること、時間を気にせずにちょっとだけ顔を出すといったことが可能なことでしょうか。今回は部分参加も含めて延べ12名の参加となりました。欠点はどうしても会話が「1対多」の形になるので、居酒屋と違って小グループでの会話ができず、慣れるまでは話がどうしてもぎこちなくなってしまう面があることでしょうか。
 参加メンバーの所在地は大阪、兵庫、奈良、東京、神奈川、千葉、石川、愛知と多彩、場所を気にせず参加可能なので、本当に久々の面々もあったので中止にせずにオンライン開催として良かったと思います。恒例のクラス名簿最新版と皆さんの近況集は後ほどメールにて送付することとしましたが、当初2時間の予定を3時間まで延長してお開きとしました。
 先の見通せないコロナウィルスの動向ですが、来年は卒業35周年ということで、学年同窓会をぜひとも開催したいと思っており、それまでには何とか元に戻って欲しいと願うばかりです。(井内 記)
 
上段左から丹羽、井内、土田、宮本、中段 田中、嶋田、池田、片山、下段 小司、小泉、阿部、藤井
ホームページ管理

高18回1年8組同窓会報告

2020年08月21日(金)更新
高18回1年8組同窓会報告
 
 2002年から始まり、8年後、6年後、そして今回からトリエンナーレ(3年間隔)になった高校18回生―1年8組の同窓会(なぜか1年時のクラス会)ですが、2019年10月26日(土)にJR茨木駅近くの茨木セントラルホテルで開かれました。
 今回で4回目になるのですが、嬉しいことに今回も初参加の方がおられ、「初参加で不安もあって緊張したけどホントに来て良かった」という感想。「参加したかったけど、都合がつかずに残念!」等のハガキのメッセージも紹介され、参加の14名からの近況報告に耳を傾け、あっと言う間に2時間半が過ぎました。
 2次会も同じ会場で少し気分を変えて、今だから話せることも色々…、話は尽きない感じでしたが、3年後(2022年)の再会を約して、遠くは千葉、神奈川、福岡などへと帰ることになりました。以前参加いただいた皆さんも、次の機会に再びの参加をお待ちしています。
 
 写真は会場前での集合です。 (前列左から)谷・浜田・加茂田・早川・中村(順)・永田/(後)鷲井・中村(美)・井岡・田畑・岡本・北・沢田・三上[全て卒業時の名前]
(三上弘志 記)
ホームページ管理

高35回クラス同窓会報告

2020年01月16日(木)更新
高35回 1年7組 クラス同窓会
 
 昭和55年4月、私たちは茨木高校の門をくぐりクラスメートになりました。あれから40年。令和2年1月4日(土)に高35回1年7組クラス同窓会を京都北山の中華料理『白龍』で開催しました。題して『出会いから40周年記念同窓会』です。二次会からの参加者を含めて延べ18名と傘寿を迎えられた恩師の仲西貞夫先生が旧交をあたためました。
 全員の近況報告を行った後、40年前の写真によるスライド上映で全員心は40年前の高校生にすっかり戻り、特に仲西先生との思い出を語る場面では、英語の先生なのに和訳する時に片仮名の外来語を使うとひどく怒られた思い出(例えばプリンは「洋風卵入り寒天」、ジーンズは「藍色綾織ズボン」と和訳しないといけなかった)で会場は笑い声に包まれました。
 最後に連絡が付いていたものの都合で欠席になった3名のメッセージを披露した後、出席者全員で『天つ空見よ』を合唱して一次会は盛会のままお開きとなりました。そして二次会の前に上賀茂神社へ初詣をし、参加者の笑顔は夜の烏丸へと消えて行きました。
 
 

 今回連絡の付かなかった方は、出席者でLINEグループも作っていますので是非連絡をしてください。5年後の還暦の時に再会しましょう。(幹事 水野昌容 記)
ホームページ管理

高25回“65歳の節目”学年同窓会のご報告

2020年01月08日(水)更新
高25回“65歳の節目”学年同窓会のご報告

 2019年11月17日(日)、大阪新阪急ホテルにて5年振りとなる「25期“65歳の節目”学年同窓会」が開催されました。当日は、157名の同窓に加えて3年4組を担任された大石朝俊先生の参加もいただきました。
 
 
 オープニングビデオで雰囲気が盛り上がった後、発起人による開会の辞にて開宴。物故者(同窓及び恩師)への黙祷、全体写真撮影と続き、7組の“美女と野獣”による乾杯の音頭で懇談に入っていきました。途中の参加者紹介ではクラス代表による参加者メンバー紹介があり、その後2年次及び1年次への「席替え」が行われました。自分のクラスを忘れた移動難民も何人かいましたが、いろいろな級友との懇談ができ、とても有意義な時間が過ぎていきました。
 さらに「Who’s Whoビデオ」「25期同窓生の歩みビデオ」で懐かしい卒業アルバムや旧校舎、修学旅行、体育祭、高野山修行、妙見夜行登山、卒業後のクラス同窓会等の写真を見て、お互いの成長(?)を再確認しました。校歌斉唱で盛り上がったあと閉会の辞となり、その後は2次会へと雪崩をうって移動して行きました。
 次回も元気な姿での再会を楽しみにしています。         
(堀越謙二郎 記)
ホームページ管理

高19回学年同窓会報告

2019年10月29日(火)更新
高19回 学年同窓会のご報告(高校卒業53周年同窓会)
 
 令和元年(2019年)10月20日(日)12時より、高19回学年同窓会をホテルグランヴィア大阪で開催しました。
 最初に同期生物故者(下記)への1分間の黙祷を出席者全員で捧げました。4組竹内(谷口)ゆかり君、6組柳(田中)みどり君、9組山下賢治君の3名です。
 出席者は131名で、恩師は1組担任水谷 勝先生、8組担任亀谷笄子先生にご来臨を賜りました。水谷先生から恩師代表のご挨拶を賜り、同期生の7組近藤隆志君が国内最遠方(石垣島)出席者で乾杯の音頭取りで開宴となりました。海外からはアメリカ本土(5組錦 律子さん)やアラスカ(6組石田久美子さん)
からも来られました。
 我々高19期生は全員が70歳を超えた団塊の世代で、会場は11クラスが集まりクラス毎に13テーブルに分かれました。3時間の限られた時間内での旧交を温める為に、周囲のテーブル遠征に少々眼を回しながら懐かしい再会を楽しみました。
 宴の終わり間際に7組の広尾克子さんから、今月10月25日付でご自分が本を出版した事を報告されました。タイトルは「カニという道楽 ズワイガニと日本人の物語」。西日本出版社で約6年間で原稿を書き上げられました。私自身もすぐに書店で購入して今、読破中ですが、関西弁の読みやすい本で、カニの歴史から生態、山陰、北陸へのカニツーリズム、大阪道頓堀の「かに道楽」営業歴史等、越前ガニ、松葉ガニの日本人の食欲をそそる内容が豊富です。
 代表幹事公庄庸三君(7組)の名司会で、校歌「天つ空見よ」を全員で合唱して次回3年後の再会を期し、無事御開きとなりました。 井上 昇記
ホームページ管理

高37回1年4組同窓会

2019年10月07日(月)更新
高37回 1年4組 クラス同窓会
 
 2019年9月22日(日)に、高37回1年4組の同窓会を大阪梅田にて開催しました。
2015年の高37回全体同窓会を機に、「1年生のクラスでも集まってみよう」との声があがり、2017年9月に初めて開催、今回で3回目となります。回を重ねる度にSNS等で連絡可能な人数も増え、関西以外からの参加者も含めて19名が集まりました。
 卒業後初めて顔を合わせる面々もある中、お酒が進むに連れて、思い出や近況の話から自然と直ぐにタイムスリップ。(入学直後の)神鍋合宿での初々しい集合写真を回覧しながら、「全然変わっていない!」「聖子ちゃんカットが多い!」「そんなこと覚えてない!」等々、大いに盛り上がると共に、これまでの活躍や取り組みに刺激を受け、互いに元気を貰うことが出来ました。
 こうして、気兼ねなく心地のよい、16歳当時のようなひと時はあっという間に過ぎて、またの再会を約束して散会となりました。40年近くも前、入学時の期待や不安のある中で出会い共に過ごしたからこそ、今日まで続く絆なのだと改めて感じた次第です。
 今回の「つながり」を大切に、色々なネットワークも活用して、更に参加者を増やしていきたいと考えています。参加出来なかった皆さんからの連絡をお待ちしています。





 
ホームページ管理

2019年度 歯科医師ユーカリ友の会報告

2019年07月23日(火)更新
2019年度 歯科医師ユーカリ友の会報告

 G20という迷惑な(?)日々の最終日であり、本格的な梅雨入りをようやく迎えた2019年6月30日(日)、恒例の総会、講演会、懇親会を行いました。場所は新阪急ホテルです。
 参加者は32名です。講演会は石野良純教授(九州大学農学部教授 高28回)を講師としてお招きしました。
 演題は『クリスパー(CRISPR)〜発見から画期的ゲノム編集技術の誕生まで〜』です。
 昨今マスコミ等で有名な石野教授の講演は難しかったですが、
皆さんが何とかついていけるように配慮して頂けました。感謝です。
 
 今回は、高28回生2名(吉岡先生と私)との写真も併載します。
 再開が本当に嬉しかったです。
 中学も同じの私にとっては本当に嬉しい。それに尽きました。
ホームページ管理

高19回 3年2組クラス同窓会のご報告

2019年06月07日(金)更新
 令和元年5月26日(日)13時30分より、高19回3年2組クラス同窓会を開催しました。会場はJR大阪駅ホテルグランヴィア大阪19階「フルーブ」で、14名の参加者が集まりました。我々高校19期生は全員が70歳の古稀を迎えて、旧3年2組の同級生が平成31年4月末から令和元年5月の改元後では始めて大阪梅田で集いました。
(敬称略)前列左 末松具子、樋野孝子、小寺邦子、
高橋京子、井上 昇
後列左 小野公三、江口和良、山野松雄、
橋本幸夫、木曽邦明、久保田勉、山口 進、
大家 優、奥西秀樹

 今秋10月20日には同じホテルグランヴィアで学年同窓会も開催予定ですが、それに先立って2組の内輪同士で定年後の近況や、現在、未来の展望など自由、気儘に語り合いました。
 この2組クラス同窓会は毎年開催され、幹事役の小野公三君が精力的に管理、継続されるその実行力手腕には頭が下る思いです。2次会は階下16階「ミュンヘン」で、ビールやコーヒー片手に残り話を語りつくし、初夏の夕暮れ楽しい散会となりました。(井上 昇記)
 
左 山野松雄、末松具子、
江口和良、山口 進
左 江口和良、樋野孝子、
小野公三
左 久保田勉、橋本幸夫、
小寺邦子、高橋京子
 
左 木曽邦明、井上 昇、
奥西秀樹、大家 優
左 小寺邦子、山野松雄、
末松具子、高橋京子、
江口和良、井上 昇
 
ホームページ管理

高29回「七夕会」開催報告

2019年01月17日(木)更新
高29回関東在住者で「七夕会」を開催しました
 
 29期生(1977年卒業)の関東在住者での集まりを「七夕会」と命名して2016年に第一回、2018年11月10日に第二回を約60名が集って開催しました。
 丁度還暦を迎える年となり、それぞれの人生の節目を感じながら、昔話が弾むと突然高校時代にタイムスリップする感覚を大変心地よく味わいました。
 
 各卒業クラス代表10人余りをお世話係に任命し、約1年前から場所やイベントの準備を開始したおかげで、恩師の近況をビデオメッセージで上映することができ、懐かしい先生の元気なお姿に会場は大盛り上がりとなりました。また、全員からの近況や高校時代の思い出をアンケート形式で集計し披露しました。残念ながら既に逝去された同期生は把握しているだけでも14名となり、ご冥福をお祈りしました。
 
 茨木高校で培った自己形成を礎に60歳を迎える現在までのそれぞれの人生を振り返る良い機会となったこと、そして様々な青春の一コマを共有した仲間が沢山いることを心強く感じる素晴らしい会となりました。
(お世話係 鶴原 誠 記)
ホームページ管理

高18回 「古稀」記念 学年同窓会

2018年11月08日(木)更新
高18回 「古稀」記念 学年同窓会
 
 2018年9月17日、「古稀」記念学年同窓会が立命館いばらきフューチャープラザで開かれました。当初6月24日に開催予定でしたが、大阪北部地震の影響で会場補修のため延期のやむなきに至り、2か月半程空けての開催になった次第です。この変更で参加見送りになった方、逆に参加可能になった方も居られ、104名の同期生が集まりました。担任の奥田先生にもご参加いただき、在校当時の思い出をうかがい、清田先生からは「是非とも皆さんにお会いしたかったが、体調すぐれず参加できなくて申し訳ない。茨高での3年間が皆さんの人生に役立ったのなら、こんな嬉しいことはない」とのメッセージもいただきました。

 
 前回に続き檀野君の軽妙な司会で、幹事会代表の泉君の挨拶、鹿児島から駆けつけてくれた八木君の音頭で乾杯、3年時のクラス別のテーブルでの歓談と進行しました。クラス幹事からクラス毎のメンバー紹介も行われ、談笑が続きました。今回も「今までチャンスがなかったけど、初めて参加できてよかった」という方々が居られ、楽しいひと時を共にすることができました。
 
 集合写真撮影の後、今後は2年おきに開催したいと幹事会の意向が伝えられ(次回は2020年東京五輪の年)、散会。2次会会場の阪急茨木市駅前「居酒屋長右衛門」へ三々五々向かいました。檀野君を先頭に「高校3年生」等の熱唱もありながら、色々なトーク、今更ながらの新たな出会い・発見が続きました。  (三上弘志 記)
ホームページ管理

高13回3年5組 クラス同窓会の報告

2018年05月30日(水)更新
高13回3年5組 クラス同窓会の報告 

 私たち昭和36年卒の3年5組の仲間が橋 敏昭先生を囲んで同窓会を、吹田市千里山 音羽寿司で開いた。
 2018年5月20日の新緑が目に眩しい、好天気の日曜日。午前11時に13名が顔を揃え、永井隆子 幹事長の開催の挨拶の後、橋先生のお話で昼食会が始まった。
 茨高での17年に及ぶ教員時代とその数年後の4年間の同高での校長時代、そして数多くの教え子達との交流。”教師冥利に尽きる”との先生のお言葉に、目頭が熱くなったのは筆者だけでは無かったはず。
 そのあとは、副幹事長 鵜野高資くんの乾杯。次々に運び込まれるご馳走にお酒に皆んな年齢を忘れて堪能しつつ、懐かしい仲間の元気な話に耳を傾けた。
 あっという間に予定の午後1時半になり、記念写真を撮って、来年の喜寿を記念する集まりを約束し散会。そして近くのコーヒー店で二次会。橋先生も参加。来年が卒寿とはとても見えないご健勝ぶりに、私たちは感嘆の声を上げるばかり。
ありがたく、嬉しい限りです。
(文責 山本秀策)
ホームページ管理